「刑事珍道中」

 捜査中にいつもドジを踏み、呆れられているエネルギッシュな警視庁の2人の刑事が大騒動を繰り広げた末、大金強奪事件と殺人事件の真相を解明し、手柄をあげるというアクション満載のコメディー映画である。主演の刑事役は中村雅俊と勝野洋。1980年の角川春樹事務所作品で、監督は斎藤光正。大阪・九条のシネ・ヌーヴォで開催中の特集上映「角川映画祭」で鑑賞した。

 中村雅俊と勝野洋が演じる2人の刑事は捜査では役に立たないことから、銀行強盗の模擬訓練で犯人役を命じられる。2人は予定通り、銀行からジュラルミンケースを奪って車で逃走。途中で用を足すために車を降りたところを何者かに襲われ、ジュラルミンケースを盗まれてしまう。2人は知らなかったが、その中には本物の1億2000万円が入っていた。ここから始まり、銀行の女性スタッフや支店長も殺され、警察内部の者が絡んでいるという展開になって、ひたすらドタバタを繰り返す。内容的には凡作という以外にない。

 この映画は、村川透監督、松田優作主演の「野獣死すべし」と併映された。公開当時、私は高校1年生。松田優作のファンで、数回、映画館に「野獣死すべし」を鑑賞に行った。このため、「刑事珍道中」も同じ回数かどうかはともかく、観ているのだが、全く印象に残らなかった。しかし、今回鑑賞して、ところどころ、観たことがあるような気がする場面もあった。

 松田優作とはテレビドラマで共演があり、プライベートでも親しかった中村雅俊は、私の世代にとっては偉大な青春スターである。文学座出身で演技はできるし、身体能力が高くてアクションもピカイチ。刑事のようなアクションが求められる役は向いており、「刑事珍道中」でもさすがにいい動きを見せている。テレビドラマでは後世に残るような代表作をいくつも持ち、幅広い年齢層の人たちから支持された俳優なのだが、映画ということになると印象が薄い。勝野洋もテレビドラマ中心の活躍。「太陽にほえろ!」のテキサス役が有名かもしれないが、内容的に一番良かったのは「俺たちの朝」だろう。

 「刑事珍道中」は藤谷美和子の映画デビュー作という視点が大事かもしれない。勝野洋の刑事が住むアパートの部屋の隣人役で出演している。当時、藤谷美和子はユニークなかわいい女子高生役でテレビドラマによく出演しており、かなりの人気があった。

 「元祖プッツン女優」といわれる藤谷美和子だが、映画では確かな演技力を見せて、実績を残した。一気に評価を高めたのは藤田敏八監督の「海燕ジョーの奇跡」(1984年)での混血ヤクザの恋人役。森田芳光監督の「それから」(1985年)では、松田優作と小林薫を相手に堂々と演じ切り、あっと言わせた。若松孝二監督の「寝取られ宗介」(1992年)では、ドサ回り劇団の座長の妻・レイ子役を好演。同年のキネマ旬報、ブルーリボン、毎日映画コンクールの各賞で助演女優賞に輝いた。
スポンサーサイト

「彼のオートバイ、彼女の島」

 音楽大に通うオートバイを愛する青年が初夏に信州をツーリング中、瀬戸内の島出身の美しい女性と出会い、心を通わせて深まっていく関係を爽快に描いた青春映画である。1986年の角川春樹事務所作品で、監督は大林宣彦。原作は片岡義男の同名小説。大阪・九条のシネ・ヌーヴォで開催中の特集上映「角川映画祭」で鑑賞した。

 主人公の橋本巧役に竹内力、巧と知り合ってから中型免許を取り、オートバイに夢中になるヒロインの白石美代子役に原田貴和子。竹内、貴和子ともにこれがデビュー作である。貴和子は原田知世の実姉だが、生き生きとフレッシュに好演し、色気も十分。妹に引けを取らない確かな実力を感じさせた。まばゆいばかりのヌードを披露したことも当時話題となった。

 初めて鑑賞したが、ストーリーよりも、全編にわたってモノクロとカラーが交錯するスタイリッシュで遊び心満載の映像が魅力的な作品だ。いつの間にかぐいぐいと引き付けられる。瀬戸内の島で、美代子の父(田村高廣)が音頭をとり、浴衣姿の美代子が盆踊りを楽しむシーンが特に良かった。

「Wの悲劇」

 薬師丸ひろ子と三田佳子の競演、夏樹静子の原作を劇中劇にして映画自体のオリジナルストーリーと連動させた構成が感動的な傑作である。1984年の角川春樹事務所作品。監督は澤井信一郎。脚本は荒井晴彦と澤井の共同。キネマ旬報ベスト・テン第2位。毎日映画コンクール日本映画大賞。大阪・九条のシネ・ヌーヴォで開催中の特集上映「角川映画祭」で鑑賞した。

 薬師丸が扮するのは、劇団の研究生・三田静香。劇団が「Wの悲劇」公演にあたり、準主役をオーディションで決めることになった。静香はチャレンジするが、準主役には落選。端役兼プロンプター担当に回された。準主役の座を射止めたのは、静香と同期の研究生である菊地かおり(高木美保)だった。

 ところが思わぬ事態になる。大阪公演のためホテル滞在中のある夜、静香は劇団の看板女優で「Wの悲劇」の主役をつとめる羽鳥翔に呼び止められ、翔の部屋へ強引に入れられた。翔を演じるのが三田佳子である。部屋のベッドでは、初老の1人の男が裸で死んでいた。翔の長年の支援者で愛人だった。翔と寝ている時に腹上死したのだ。

 このままでは、翔にとって致命的なスキャンダルになる。翔は静香に、準主役をやらせるので、身代わりになってほしいと依頼。動転した静香は最終的にこれを引き受けてしまう。大阪に次ぐ東京公演から、かおりは準主役の座を降ろされ、静香が新たに登場することになった。

 当時人気絶頂だった薬師丸を大人の女優に脱皮させようと企画された映画であり、もちろん主演は薬師丸。彼女は見事にその期待に応えた。助演の三田の存在感がすごかった。大人の女優とはどんなものかという見本を示し、これまでの女優キャリアを集大成したかのような演技は批評家から絶賛された。三田はキネマ旬報、毎日映画コンクール、ブルーリボンの主要各賞で助演女優賞に輝く。

 この映画の大きな魅力の一つに、劇中劇とその舞台裏の迫力がある。映画に劇団の演出家役で出演する蜷川幸雄が実際に指導している。

 本当に見どころの多いクオリティーの高い映画だと思う。静香がスキャンダルの身代わりを実行に移す場面から舞台公演へ切り替わっていく一連の流れ、準主役交代に伴う緊急記者会見でみせた静香の迫真の演技。最も胸が熱くなったのは、「Wの悲劇」東京公演初日のカーテンコールのシーンだ。ここに薬師丸と三田の競演は最高潮に達した感があった。

 ラストも実によかった。静香には、オーディション前に出会った森口昭夫(世良公則)という恋人がいた。昭夫はかつて小さな劇団で役者をしていたが、その道を断念し、不動産屋をしている。静香はスキャンダルの身代わりをして準主役の座を奪ったことが公になり、ボロボロの状態で劇団を去った。昭夫は静香に、自分の胸に飛び込んでくるようにと声をかけた。しかし、静香は、そうしたいが、安易な道を行くと、ますます自分自身がだめになってしまうと断った。静香はあくまで女優にこだわり、そのためにはしっかりと人生を歩んでいくことが重要で、まずは1人でやり直してみたいという考えだった。静香の前向きな姿勢に拍手を送る昭夫。ラストは、昭夫に向けてお別れのポーズをとった静香の表情をストップモーションで処理。薬師丸の主題歌が流れて、エンドクレジットが始まる。

 わが生涯の日本映画ベストテンに入れてもいいような素晴らしい出来だった。

新作星取表45

【日本映画】
「聖の青春」★★★★
「イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編~」★★

【外国映画】
「誰のせいでもない」(独=加=仏=スウェーデン=ノルウェー)★★★


採点基準】
★★★★★  90点~100点
★★★★    80点~89点
★★★     60点~79点
★★       40点~59点
★         0点~39点


 子供のころから病魔と闘い続け、29歳の若さで膀胱がんのためこの世を去った棋士・村山聖。「聖の青春」は、名人位をめざして戦った彼の人生最後の4年間に焦点を当て、ライバル羽生善治との関係を中心に描く。元日本将棋連盟職員で、連盟が発行する月刊誌「将棋世界」の編集長をつとめた大崎善生のノンフィクション小説が原作。監督は森義隆。

 聖役は松山ケンイチ。原作の小説を読み、ぜひ演じたいと、映画化を構想していた森に自らアプローチしたのだという。20㌔増量して、役に挑んだ松山の気迫は十分伝わってきた。松山でなければできない演技だったと言っていいだろう。聖の師匠・森信雄役のリリー・フランキー、羽生役の東出昌大、聖と同門で弟弟子役の染谷将太といった個性派の面々も好演。無駄なところがなく、うまくまとまっていて、随所にユーモアがきいている。勝つか負けるかしかないプロの将棋の世界の厳しさもよくわかる。

「涙」

 俳優の川津祐介の兄で、木下惠介の薫陶を受けた川頭義郎監督(1926ー1972)。小品ながら、多くの批評家から今も称賛を浴びる彼の代表作である。1956年の松竹大船作品。主人公役に、大映から若尾文子を迎えた。若尾文子にとっては松竹初出演。大阪・九条のシネ・ヌーヴォで上映中の「名画発掘シリーズ」で鑑賞した

 舞台は、木下惠介の故郷である浜松市。若尾文子扮する志津子は、楽器工場で働く工員だ。志津子は、この会社の事務部門に勤務する磯部(石濱朗)と相思相愛の関係にある。しかし、磯部の母と兄が、志津子の家柄を問題にし、結婚を前提とした交際に強く反対している。

 志津子の父・多吉(明石潮)は旅回りの役者で、かつて信用組合の金を使い込んで服役した過去がある。母は父の借金を苦に自殺していた。兄の信也(佐田啓二)は妹思いだが、各地を転々とする風来坊の作業員。志津子は、婿養子となって理髪店を営む叔父・春吉(東野英治郎)の家で育てられてきた。

 磯部は、家柄なんて関係ないと、志津子にアタックするが、志津子は結婚後に父や兄が迷惑をかけるのではないかという不安もあるし、自分を嫌う磯部の身内とうまくやっていける自信がない。そんななか、志津子は、叔父夫婦が勧めるお寺の住職の甥・中井(田村高廣)とお見合いをする。中井は実直で優しそうな好青年だった。帰郷した信也も中井と会って、「この男なら薄幸だった志津子を大事にしてくれる」と安心した。志津子は中井と結婚することを決め、砂丘で磯部に別れを告げた。

 脚本は木下惠介の妹、楠田芳子のオリジナル。撮影は、芳子の夫で、木下映画の名カメラマンだった楠田浩之。音楽は惠介の弟、木下忠司。主要スタッフを木下ファミリーが固め、いい意味でセンチメンタルな内容の松竹大船の王道をいくような作品である。当時の若尾文子はまだ人気アイドル的な存在だが、純粋で不憫で愛らしい志津子役を見事にこなし、この人は本当にうまいなと、感心することしきりだった。

 最高に感動的だったのがラストシーンである。東京で新婚生活を始めた中井と志津子は一時帰省した。地元の祭りが行われており、沿道には多くの人だかりができている。そこに、木製の槍を持った天狗が、子供たちと一緒にやって来た。槍で突いてもらうと、健康に恵まれるという教えがあるそうだ。天狗は、志津子と中井の姿を見つけ、2人のお腹を槍で軽く突き、面の上から涙をふく格好をした。志津子のお腹には新しい命が宿っているらしい。

 人混みから離れて、涙にむせぶ志津子。中井が驚いていると、志津子は「お父さんなの」と言うのだった。天狗は子供たちに群がられてその場から去っていき、エンドマークが出る。一気に目頭が熱くなるパーフェクトな終わり方で、鑑賞後もしばらく余韻に浸った。日本映画史に残るラストシーンと言ってもいいだろう。

プロフィール

Author:佐藤安律
(さとう・やすのり)
1965年生まれ。大阪市立大学法学部卒。産経新聞記者として20年7カ月勤務し、政治部、夕刊フジ、大阪経済部などに所属。政治部では、厚相時代の小泉純一郎元首相、元自民党幹事長の野中広務氏らを担当した。産経新聞の年間連載「こども大変時代」で、取材班としてファイザー医学記事賞優秀賞を受賞。2011年7月末に依願退職して独立。大阪市在住。得意分野は日本映画、政治、医療問題。原稿の依頼などコンタクトはyasunori7373@yahoo.co.jp

検索フォーム

最新トラックバック

フリーエリア