「白と黒」

 「黒い画集 あるサラリーマンの証言」で高い評価を得た監督・堀川弘通、脚本・橋本忍のコンビが再度挑んだサスペンス映画である。1963年の東京映画作品。殺人事件の真犯人を巡って、ドラマが二転三転、最後に大どんでん返しが用意されており、面白さでは日本のサスペンス映画史上でも傑出している。橋本忍のオリジナル脚本。主演はやはり「黒い画集 あるサラリーマンの証言」と同じ小林桂樹。キネマ旬報ベスト・テン第9位。京都文化博物館で上映中の「社会派・ミステリー・推理・サスペンス特集」で鑑賞した。

 映画は、主人が留守中の家で、弁護士の浜野(仲代達矢)が着物姿の美しい人妻(淡島千景)の首を絞め、人妻が意識を失って倒れるところから始まる。浜野はこの人妻と愛人関係にあり、そのもつれが原因だった。主人とは、浜野のボス的な存在の死刑廃止論者の弁護士・宗方(千田是也)である。

 浜野は激しく動揺し、自宅にやっとのことでたどり着いたが、そこに宗方邸の女中から「奥様が絞殺された」と電話で連絡が入る。浜野は再度宗方邸に向かい、警察から事情を聴かれる。その最中に前科4犯の男(井川比佐志)が容疑者として緊急逮捕される。

 東京地検で、この事件を担当することになったのが落合検事(小林桂樹)である。取り調べは最初こそ少し難航したものの、前科4犯の男が自供し、起訴も済んで、公判は順調に進んでいた。ところがある夜、浜野はバーで同席した落合を「物的証拠が金品強奪にはあるが、殺人の方には何もない。前科4犯という先入観があったんだ」と強く批判するのだった。

 落合はこのことがどうしても気になった。公判は大詰めを迎えており、今さら振り出しに戻し、ましてや新たな容疑者が見つかると、検察や警察にとって大黒星になってしまう。落合は検察内部での栄転も固まっている。しかし、落合は上司を説得し、補充捜査を認めさせ、浜野と宗方夫人の特別な関係を突き止めた。そして、旅館の一室で、落合は浜野と向き合い、浜野から自分の犯行であるとの言葉を引き出した。この映画最大の見せ場で、日本映画屈指の名優である小林桂樹と仲代達矢の緊迫感に満ちたやりとりは圧倒的だった。小林桂樹と仲代達矢は「白と黒」が初共演。

 検察の捜査ミスとの世論の批判が高まることも予想されたが、マスコミは落合の姿勢を「世紀の良心」などと持ち上げた。ところがである。落合に1通の手紙が届く。そこには、犯行後であるはずの時間帯に宗方邸に電話を入れたとの内容が書かれていた。これが決め手となって、まさかの結末を迎える。

 ストーリー展開の面白さ、うまさに気を取られてしまうが、映画の軸になっているのは、あくまで真実を追求しようとする落合検事の姿である。検察内部の事情やそのあり方、マスコミの表面的な報道の問題点なども提起しており、社会派サスペンス映画の力作というべき内容だった。死刑確実とみられた前科4犯の男の弁護人を、妻を殺された死刑廃止論者の宗方とその弟子のような存在である浜野が担当するという設定は無理があったが、マイナス点はそれぐらい。あとは完璧な出来だった。松本清張、大宅壮一の両巨頭も、テレビで事件についてコメントする本人役で特別出演している。

 
スポンサーサイト

「オーバー・フェンス」

 「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く、孤高の作家・佐藤泰志(1949ー1990)原作の函館三部作最終章をうたう映画である。監督は山下敦弘。離婚して故郷の函館に戻り、職業訓練校に通う男・白岩と、日中は動物園で働き、ダチョウの動きのまねをする風変りな若いホステス・聡(さとし)の魂の触れ合いを中心に描く。函館の街の情緒あふれるシャープで深みのある映像に、白岩役のオダギリジョーと聡役の蒼井優の好演、無駄のないストーリーが相まって、完璧な出来だった。

 白岩は職業訓練校で、大工になるための基本的な技術を学んでいる。そこには若者から中高年まで幅広い年齢層の生徒たちがいる。上から目線で感じの悪い指導教官、変わり者扱いされて孤立する大学中退の青年。職業訓練校では彼らの屈折した人生が交錯する。

 白岩は、訓練校仲間の1人である代島(松田翔太)に連れられて、キャバクラに行き、聡という男のような名前の若いホステスと知り合う。離婚を巡って心に深い傷を負った白岩と、精神のバランスを崩している聡。孤独をかみしめる2人が互いを必要な存在としていることに気付くのにさほど時間はかからなかった。

 オダギリジョーの抑制した自然体の演技が終始引き付け、主人公の白岩に感情移入できた。蒼井優はまさに体当たりの熱演で、その存在感はさすがという以外になかった。登場シーンは少ないが、白岩の元妻役の優香がうまくて、これまた驚いた。

 文句なしの★5つ。今年の新作日本映画のマイベストワンを、「リップヴァンウィンクルの花嫁」(岩井俊二監督、黒木華主演)と激しく競り合う1本である。ちなみに「シン・ゴジラ」は現時点で3位争いに後退。★★★★★


【採点基準】
★★★★★  90点~100点
★★★★    80点~89点
★★★     60点~79点
★★       40点~59点
★         0点~39点

新作星取表35

【日本映画】
「健さん」★★★★
「だれかの木琴」★★★★★

【外国映画】
「ハートビート」(米=ルーマニア)★★★


【採点基準】
★★★★★  90点~100点
★★★★    80点~89点
★★★     60点~79点
★★       40点~59点
★         0点~39点


 「だれかの木琴」は東陽一監督作品で、さすがと思わせる深みのある内容だった。郊外に引っ越してきた平凡な主婦・小夜子(常盤貴子)は、初めて入った美容院で髪を切った。担当したのは海斗(池松壮亮)という若い美容師である。帰宅後、海斗から届いたお礼の営業メールに、返信メールを送る小夜子。これが発端となって、小夜子はその後も次々と新たなメールを送信し、ついには海斗の自宅を訪ねるなど、常軌を逸した行動をエスカレートさせていく。

 小夜子は会社員の夫(勝村政信)と中学生の娘との3人暮らし。夫は妻をいたわり、小夜子も夫を愛している。小夜子は分別のある女性であり、海斗と特別な関係になるわけではない。普段の日常生活の中でも、心の隙間に思わぬ誰かが入り込んできたとき、狂気のようなものが芽生えてくることがあるのだという怖さを訴えてくる。単なるストーカーの話ではないのだ。平静な日々を取り戻すのかと思われたラストにも意外性がある。常盤貴子、池松壮亮とも適役で、心理描写が優れていた。

 「健さん」は2014年11月に83歳で他界した大スター・高倉健の長編ドキュメンタリー映画である。ゆかりの関係者たちが、人として、役者としての健さんの魅力、それぞれの思い出などを語っていく。東映任侠映画で人気を不動のものとした健さん。映画賞を総なめにした山田洋次監督の「幸福の黄色いハンカチ」(1977年)は、その任侠映画でヒーローとして激闘を繰り広げ、満身創痍の健さんが、安らぎを求めて家に帰っていく意味合いがあったということを、今ごろになって知った。何よりも映画の中で、随時挿入される健さん自身の言葉に含蓄があり、うならされるものがあった。心に染み入るところのある佳作のドキュメンタリー映画だったと思う。日比遊一監督。モントリオール世界映画祭ワールド・ドキュメンタリー部門最優秀作品賞を受賞した。

 「ハートビート」はストーリーとしては凡庸だが、ダンスシーンに迫力があり、その点で一見の価値がある作品だ。マイケル・ダミアン監督。

米大統領選 注目度高まる第1回テレビ討論会

 米大統領選がいよいよクライマックスを迎える。ニューヨーク州ヘンプステッドで現地時間の26日に開催される民主、共和両党候補による第1回テレビ討論会が迫ってきた。民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官の勝利は動かないと思われたが、土壇場で健康問題が浮上。さらにクリントン氏には珍しい失言もあり、明らかに失速している。激戦州の一部などの支持率で、共和党候補の不動産王ドナルド・トランプ氏に逆転を許したとの結果も出始めている。大統領候補同士のテレビ討論会は計3回行われる。

 州別の勝敗予想を積み上げた全米規模の分析では、依然としてクリントン氏優位だが、トランプ氏の猛追により、予断を許さない情勢になってきたとみてよさそうだ。逃げ切りを図るクリントン氏にもはや余裕はない。それだけにテレビ討論会の注目度が一段と高まっている。

 両氏とも討論会に向けて相当な準備をしているはずだが、この段階にきて、トランプ氏が暴言路線を修正するかのような動きも伝えられている。テレビ討論会は、討論の内容だけでなく、話し方、反応、仕草などの振る舞いも極めて重視される。トランプ氏サイドからすると、持ち前の攻撃的姿勢は必要だが、紳士的で風格あるところをアピールし、有権者に安定感を印象付けることが有効と思われる。クリントン氏にとっては、失点を防ぎ、無難に終わらせることが第一。両氏とも、相手を挑発して新たな失言を引き出したいところだが、やり過ぎは禁物だ。異例ずくめだった米大統領選の最後を飾る直接対決。クリントン、トランプ両氏によるこれ以上ないほどのエキサイティングな討論を期待したい。

 第2回テレビ討論会は現地時間の10月9日にミズーリ州セントルイスで、第3回は同19日にネバタ州ラスベガスで開催される。副大統領候補によるテレビ討論会も同4日にバージニア州ファームビルで行われる。こちらは1回だけ。民主党がティム・ケーン上院議員、共和党がインディアナ州のマイク・ペンス知事。クリントン、トランプ両氏の個性が強烈すぎるためか、日本からみていると、今回の副大統領候補の影はあまりに薄い。投票日は11月8日。

蓮舫民進党 幹事長への野田氏起用は理解できる

 やはりこの政党に大きな期待はできそうもない。もちろん、新代表に蓮舫氏を選んだ民進党である。蓮舫氏の「二重国籍」問題への対応や、幹事長に野党転落の「戦犯」との批判がつきまとう野田佳彦前首相を起用したからではない。新代表選出直後から、人事を巡ってさっそく不満が噴出、一致結束にはほど遠く、政権を担いながら党内抗争で自滅した前身の民主党時代の悪しき体質が改善されていないように見えるからだ。

 野田氏の幹事長起用に対して批判が相次いでいるのは、無理からぬところがある。野田氏は首相在任中の2012年11月の安倍晋三・自民党総裁との党首討論で衆院解散の意向を表明し、その通り断行。選挙の結果は大惨敗で、野党に転落した。当時の情勢では、解散時期を変えても民主党に明るい展望があったとは思えないが、何が起きるかわからないのが永田町。もうちょっとましなところで解散できたのではという野田氏に対する不信感が今も根強くあるのは理解できる。

 しかし、民主党政権時代に首相を務めた鳩山由紀夫氏、菅直人氏、野田氏のなかで、最も言動に安定感があり、着実な手腕を発揮したのは野田氏ではなかったか。党首討論など国会で見せた論戦力もなかなかのものだった。ただ、財務官僚に取り込まれていたといった印象は拭えない。

 蓮舫氏には永田町での権力闘争歴はもちろん、党運営の経験もなく、しかも参院議員で、広告塔のイメージを免れない。蓮舫氏は民進党内の野田グループ「花斉会」に所属していて、野田氏と気脈も通じている。蓮舫氏が数多い自分の弱点を補える重厚な幹事長を求めるのは当然で、経験豊富な野田氏という選択は支持できる。人事に不満はつきものだが、蓮舫氏は本格的な代表選で選出された新代表だ。主要人事は基本的に蓮舫氏のやりたいようにやらせるのが筋で、党内のグループ均衡、論功行賞を要求するのは論外である。

 蓮舫氏の「二重国籍」問題を巡っては、説明が二転三転したのはいただけないし、軽率な面はあるが、それをもって民進党代表として直ちに失格になる問題だとは思わない。ただ、永田町の権力闘争の世界では、それほどの問題ではなくても情勢次第で命取りになるケースはいくらでもある。野田幹事長を巡る党内の不協和音は収束していくとみるが、「二重国籍」問題はまだ予断を許さない。
プロフィール

Author:佐藤安律
(さとう・やすのり)
1965年生まれ。大阪市立大学法学部卒。産経新聞記者として20年7カ月勤務し、政治部、夕刊フジ、大阪経済部などに所属。政治部では、厚相時代の小泉純一郎元首相、元自民党幹事長の野中広務氏らを担当した。産経新聞の年間連載「こども大変時代」で、取材班としてファイザー医学記事賞優秀賞を受賞。2011年7月末に依願退職して独立。大阪市在住。得意分野は日本映画、政治、医療問題。原稿の依頼などコンタクトはyasunori7373@yahoo.co.jp

検索フォーム

最新トラックバック

フリーエリア