佐藤安律の「ニュースサイト1045」
元産経新聞記者で「炎のジャーナリスト」が、政治全般と映画(主に日本映画)を中心にマイオピニオンを発信します。あるべきブログの姿をめざして順次内容を刷新しています。2017年6月27日付で「佐藤安律の『映画と政治のブログ』」から名称を変更しました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

「西陣の姉妹」
 京都・西陣で、かつては全国的にもその名を知られるほど栄えた織元が、戦後没落し、最後を迎えるまでの様子を描いた吉村公三郎監督の佳作である。脚本は新藤兼人。1952年の大映京都作品。京都文化博物館で上映中の「大映京都撮影所特集2」で鑑賞した。

 資金繰りにいよいよ困った織元の主人が、長年信頼関係にあった金貸しに最後の依頼をするが断られ、拳銃で自殺するところから映画は始まる。取り残されたのは気弱な妻と3人の姉妹たち。子供のころからこの店で働いてきた番頭と、亡くなった主人の愛人だった元芸妓が、何とか踏みとどまってほしいと、織元一家を支える。番頭の幸吉役を宇野重吉、元芸妓の染香役に田中絹代。この映画での田中絹代はとても美しい。

 織元一家の物語の主役となったのは3人姉妹の次女・久子で、宮城野由美子が演じた。久子は、債権者たちから追い立てられるなか、貧しい下請け職人たちの生活や伝統文化を守ろうと、できるだけの努力をするが、もはや時代の流れには逆らえないことを理解している賢明な女性である。

 番頭の幸吉は久子に思いを寄せ続け、久子も幸吉のことが好きだった。しかし、久子は戦争未亡人の姉の将来を心配しており、絶対の信頼がおける幸吉に姉と結婚してほしいと頼み、幸吉も同意する。母は病死し、東京の大学で学ぶ妹は、卒業後の結婚が決まっている。

 1人になった久子が、仕事を失った住み込み職人の老いた男(殿山泰司)と共に、西陣の町を去っていくのがラストである。かつてあれだけの隆盛を誇った家の解体工事が進むのを信じられない思いで見つめる男に、「もう後を振り返ってはだめ」と注意し、毅然とした表情で前を向いて歩いていく久子、これを演じた宮城野由美子が素晴らしかった。撮影を宮川一夫、音楽を伊福部昭が担当した。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toyokiyo73.blog.fc2.com/tb.php/570-3233035b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤安律

Author:佐藤安律
(さとう・やすのり)
ジャーナリスト。1965年生まれ。大阪市立大学法学部卒。産経新聞記者として20年7カ月勤務し、政治部、夕刊フジ、大阪経済部などに所属。政治部では、厚相時代の小泉純一郎元首相、元自民党幹事長の野中広務氏らを担当した。産経新聞の年間連載「こども大変時代」で、取材班としてファイザー医学記事賞優秀賞を受賞。2011年8月からフリーランス。大阪市在住。得意分野は政治全般、日本映画、医療問題。原稿の依頼などコンタクトはyasunori7373@yahoo.co.jp

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新トラックバック

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR