佐藤安律の「ニュースサイト1045」
元産経新聞記者で「炎のジャーナリスト」が、政治全般と映画(主に日本映画)を中心にマイオピニオンを発信します。あるべきブログの姿をめざして順次内容を刷新しています。2017年6月27日付で「佐藤安律の『映画と政治のブログ』」から名称を変更しました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

新作星取表2017-1
【日本映画】
「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」★
「海賊とよばれた男」★★★
「ミュージアム」★★★
「土竜(モグラ)の唄 香港狂騒曲」★★

【外国映画】
「幸せなひとりぼっち」(スウェーデン)★★★
「フィッシュマンの涙」(韓国)★★


【採点基準】
★★★★★  90点~100点
★★★★    80点~89点
★★★     60点~79点
★★       40点~59点
★         0点~39点


 年末年始に鑑賞した6本だが、特に好みの映画はなかった。「土竜(モグラ)の唄 香港狂騒曲」は三池崇史監督、宮藤官九郎脚本のコンビによるシリーズ第2弾。広域暴力団「数寄矢会」の会長検挙を目指し、組織の内部に入り込み、傘下の組の若頭にまでなった警視庁の潜入捜査官・菊川玲二(生田斗真)の前に、今回は思わぬ難敵が現れた。警視庁の組織犯罪対策部の課長に30代の若さで就任した超エリートの兜真矢(瑛太)である。

 兜は潜入中の玲二を逮捕するために動き出した。兜の父はかつて巡査で、あるヤクザを更生させようと誠意を尽くしたにもかかわらず、そのヤクザに殺されてしまった過去があるというのだ。そんな兜にとって、ヤクザと癒着しているように映る菊川は許せない存在だった。しかし、兜はただそれだけの人物ではなかった。

 よく言えば、パワフルだが、ハチャメチャな展開が目立ち、ストーリーもあまり面白くない。スタート直後はついていけない感じだったが、それでもだんだんと退屈せずに観られるようになってくる。前作も鑑賞していて、その内容を思い出してきたし、やはり俳優陣がいいからだろう。数寄矢会の会長の娘(本田翼)をヒロイン役として登場させ、最後まで主人公の玲二と絡ませたところは良かったし、チャイニーズマフィアのヒットマン役を演じた菜々緒のアクションシーンも目を引いた。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toyokiyo73.blog.fc2.com/tb.php/583-3d7f4a6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤安律

Author:佐藤安律
(さとう・やすのり)
ジャーナリスト。1965年生まれ。大阪市立大学法学部卒。産経新聞記者として20年7カ月勤務し、政治部、夕刊フジ、大阪経済部などに所属。政治部では、厚相時代の小泉純一郎元首相、元自民党幹事長の野中広務氏らを担当した。産経新聞の年間連載「こども大変時代」で、取材班としてファイザー医学記事賞優秀賞を受賞。2011年8月からフリーランス。大阪市在住。得意分野は政治全般、日本映画、医療問題。原稿の依頼などコンタクトはyasunori7373@yahoo.co.jp

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新トラックバック

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR