佐藤安律の「ニュースサイト1045」
元産経新聞記者で「炎のジャーナリスト」が、政治全般と映画(主に日本映画)を中心にマイオピニオンを発信します。あるべきブログの姿をめざして順次内容を刷新しています。2017年6月27日付で「佐藤安律の『映画と政治のブログ』」から名称を変更しました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

「四季・奈津子」
 五木寛之原作を東陽一監督が映画化した1980年の作品で、4人姉妹の次女・奈津子が福岡から上京し、自由奔放に新たな人生を切り開こうとする姿を鮮烈に描く。製作は東映=幻燈社。キネマ旬報ベスト・テン第7位。大阪・九条のシネ・ヌーヴォで開催中の「東陽一映画祭」で鑑賞した。

 この作品は、シナリオなしで映像化に取り組んだことで有名だ。きょうは原作の何ページを撮影するということを決め、台詞をダイアローグ・ライターに書いてもらい、これを現場で生まれてくるアイデアによって膨らませていった。五木寛之は自らの原作のシナリオには注文の多い人のようで、それならばシナリオなしでやってみようということになったらしい。五木寛之もこの試みをとても面白がったとのことである。

 その映画の内容だが、奈津子役に抜擢された烏丸せつこが生き生きと魅力的に演じ、最高に良かった。共演の阿木耀子とレズシーンに挑戦するなど、大胆なヌードを何度も披露し、公開当時、そこのところが大きな話題になった。確かに烏丸せつこの均整のとれたボディーは抜群に美しいが、力むことなく、ナチュラルで存在感のある演技自体に素晴らしいものがあった。

 奈津子は福岡で飲料水を配達する仕事をしていたが、これを辞め、東京で新たな仕事を探す。なかなかうまく見つからない、その時に、映画出演の女優オーディションを受けて、これに合格する。ラストは奈津子のその映画における撮影の一場面だ。監督から演技にOKが出て、喜びの表情を見せる奈津子の姿がストップモーションになって終わるのだが、思わず目頭が熱くなり、しばらく余韻が残った。

 「もう頬づえはつかない」の桃井かおりもそうだが、女優の新生面を引き出す東陽一の演出手腕には感嘆する。「四季・奈津子」は、「サード」「もう頬づえはつかない」と並んで、東作品のマイベストワンを競う1本となった。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toyokiyo73.blog.fc2.com/tb.php/592-eb9fafbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤安律

Author:佐藤安律
(さとう・やすのり)
ジャーナリスト。1965年生まれ。大阪市立大学法学部卒。産経新聞記者として20年7カ月勤務し、政治部、夕刊フジ、大阪経済部などに所属。政治部では、厚相時代の小泉純一郎元首相、元自民党幹事長の野中広務氏らを担当した。産経新聞の年間連載「こども大変時代」で、取材班としてファイザー医学記事賞優秀賞を受賞。2011年8月からフリーランス。大阪市在住。得意分野は政治全般、日本映画、医療問題。原稿の依頼などコンタクトはyasunori7373@yahoo.co.jp

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新トラックバック

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR