佐藤安律の「ニュースサイト1045」
元産経新聞記者で「炎のジャーナリスト」が、政治全般と映画(主に日本映画)を中心にマイオピニオンを発信します。あるべきブログの姿をめざして順次内容を刷新しています。2017年6月27日付で「佐藤安律の『映画と政治のブログ』」から名称を変更しました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

「淑女は何を忘れたか」
 小津安二郎監督のトーキー第2作となった1937年の松竹大船作品である。トーキー第1作「一人息子」(1936年)のシリアスな話から一転、山の手にある子供のいない大学教授夫妻の家を舞台としたコメディーに仕立てた。アメリカ映画の影響を強く受けたモダンな内容になっているのが大きな特徴だ。脚本は伏見晁とゼームス槇(小津の脚本家としての別名)。キネマ旬報ベスト・テン第8位。京都文化博物館で開催中の特集上映「【日本映画120年記念企画】古典・名作映画ノススメ②」で鑑賞した。

 「ドクトル」と呼ばれている大学教授・小宮(斎藤達雄)は、口うるさい妻・時子(栗島すみ子)と2人暮らし。夫婦関係は倦怠期にある。そこへ、大阪から妻側の姪・節子(桑野通子)が遊びにやって来た。節子は小宮に懐いており、小宮夫婦は節子の言動に振り回される。しかし、節子の存在が、夫婦のあり方を見つめ直すきっかけになる。節子も、小宮が妻・時子の言いなりになっているのを情けないと思っていたが、それは妻操縦術であることを小宮から教えられて納得。大阪へ戻っていく。

 桑野が全編にわたって関西弁を使い、軽快に現代娘を演じているところは見どころのひとつ。撮影は後半部に、茂原英雄から厚田雄春へバトンタッチされている。これ以後、小津=厚田の名コンビが日本映画史に燦然と輝く数々の傑作・名作を生み出していくことになる。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toyokiyo73.blog.fc2.com/tb.php/604-189af62c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤安律

Author:佐藤安律
(さとう・やすのり)
ジャーナリスト。1965年生まれ。大阪市立大学法学部卒。産経新聞記者として20年7カ月勤務し、政治部、夕刊フジ、大阪経済部などに所属。政治部では、厚相時代の小泉純一郎元首相、元自民党幹事長の野中広務氏らを担当した。産経新聞の年間連載「こども大変時代」で、取材班としてファイザー医学記事賞優秀賞を受賞。2011年8月からフリーランス。大阪市在住。得意分野は政治全般、日本映画、医療問題。原稿の依頼などコンタクトはyasunori7373@yahoo.co.jp

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新トラックバック

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR