「風の中の子供」

 ロケーション撮影を好み、子供の世界を描かせると右に出る者はいなかった清水宏(1903-1966)。彼の代表作のひとつとされる1937年の松竹大船作品である。原作は児童文学作家・坪田譲治の新聞連載小説。キネマ旬報ベスト・テン第4位。京都文化博物館で開催中の特集上映「【日本映画120年記念企画】古典・名作映画ノススメ②」で鑑賞した。

 主人公は小学校5年生・善太(葉山正雄)と1年生・三平(爆弾小僧)の仲の良い兄弟。善太は学業優秀だが、三平はとにかく腕白で、成績も振るわない。映画は三平のほうが中心になる。夏休みに入ったある日、三平はけんか相手の金太郎から、会社の経営者である三平の父(河村黎吉)が近くクビになり、警察に連れて行かれると聞かされる。

 三平の父は私文書偽造の容疑をかけられたのだが、株主である金太郎の父らの陰謀だった。三平の一家は、父不在となって、生活が苦しくなり、三平は田舎の叔父(坂本武)の家に預けられた。三平は実家を恋しがるが、ここでも腕白ぶりを発揮。叔母はこれ以上責任を持てないと、三平を実家へ戻しに行った。

 やがて、善太が読んでいた父の日記から、無実を証明する書類が見つかり、父は釈放されて家に帰ってきた。善太と三平は大はしゃぎするのだった。

 叔父の家に預けられた三平が、近くの川で樽を舟の代わりにして遊んでいたところ、そのまま流され、大慌てで叔父が助けに行くシーンは強い印象を残す。三平が無事救出されると、一部始終を見ていた子供たちが一斉に万歳三唱。このあたりのユーモアセンスは抜群だ。子供たちの集団の様子、純真な小学生の兄弟の日常をこれだけ生き生きとナチュラルに描く清水宏の手腕は天才的でさえある。
 
 ちなみに、私が一番好きな清水宏監督作品は、奈良の大仏様のところに住みついた戦災孤児を描いた「大仏さまと子供たち」(1952年)だ。子供の世界を描く名手・清水宏の作品は世界的にも類例のないユニークさを持っている。近年、非常に評価が高まった映画作家である。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

佐藤安律

Author:佐藤安律
(さとう・やすのり)
1965年生まれ。大阪市立大学法学部卒。産経新聞記者として20年7カ月勤務し、政治部、夕刊フジ、大阪経済部などに所属。政治部では、厚相時代の小泉純一郎元首相、元自民党幹事長の野中広務氏らを担当した。産経新聞の年間連載「こども大変時代」で、取材班としてファイザー医学記事賞優秀賞を受賞。2011年8月からフリーランス。大阪市在住。得意分野は日本映画、政治、医療問題。原稿の依頼などコンタクトはyasunori7373@yahoo.co.jp

検索フォーム

最新トラックバック

フリーエリア