佐藤安律の「ニュースサイト1045」
元産経新聞記者で「炎のジャーナリスト」が、政治全般と映画(主に日本映画)を中心にマイオピニオンを発信します。あるべきブログの姿をめざして順次内容を刷新しています。2017年6月27日付で「佐藤安律の『映画と政治のブログ』」から名称を変更しました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

「青空娘」
 増村保造と若尾文子のコンビ第1作で、増村にとっては「くちづけ」に次ぐ2作目の監督作品になる。1957年の大映東京製作。原作は月刊誌「明星」に連載され、ラジオ東京の連続放送劇にもなった源氏鶏太の長編小説で、これを増村と脚本を担当した白坂依志夫が爽快なテンポのモダンな青春映画に仕立て上げた。大阪・九条のシネ・ヌーヴォで開催中の特集上映「溝口健二&増村保造映画祭 変貌する女たち」で鑑賞した。

 小さな田舎町で祖母と暮らす小野有子(若尾)は高校卒業後、東京で会社を営む父・栄一(信欣三)に引き取られ、父の家で生活することになった。しかし、上京した有子は、父の家で女中扱いされる。栄一の妻・達子は、有子にとって実の母ではなかった。有子は、かつて栄一の会社に勤めていた女性との間にできた子だったのだ。栄一は有子を溺愛するが、それだけに達子や異母きょうだいたちは有子を憎んでいた。

 有子と仲良くなり、一貫して応援するのは、栄一の家で長年女中をしている八重(ミヤコ蝶々)だった。八重のキャラクターは優しく、ユーモアたっぷりで、最高にいい。栄一の家に出入りしている魚屋役として、南都雄二が出演しており、蝶々との間で息の合った軽快なやり取りを披露し、笑える。このあたりの増村と白坂のユーモアセンスの鋭さには脱帽する。

 有子は実母を探すが、これに協力するのが一流企業の御曹司で有子に一目ぼれした広岡(川崎敬三)と、高校時代の恩師で有子がずっと憧れていた二見(菅原謙二)である。二見も有子のことが好きなのだが、有子の幸せを祈って、広岡に譲るところはすがすがしい。

 二見と広岡のおかけで、有子は実母の町子(三宅邦子)と会うことができ、今後、一緒に暮らすことを約束する。自分を溺愛する父の栄一に、有子が別れを告げに行くところがクライマックスとなる。栄一と妻・達子の関係は冷え切っており、有子と実母の町子が離ればなれになったのも、もとはといえば、栄一が誰もちゃんと愛さないからだと、優しい口調で指摘する有子。さんざん自分をいじめてきた達子や異母きょうだいのことは一切責めず、有子は栄一に「達子お母様を愛してあげて」と言うのだった。達子たちはぐうの音も出ず、有子は八重らに見送られて、家を出て行った。

 私が「青空娘」を初めて鑑賞したのは2014年夏で、それ以降、映画館で今回を含めて計7回か8回鑑賞している。私の最も好きな増村作品、若尾出演作品であり、昨年5月にブログで明らかにした「わが生涯の日本映画ベストテン」でも第3位に選出している。ラストのクライマックスは何度観ても、なんとセンスのいい映画を撮るのかと、涙を抑えることができない。若尾自身も出演作品を振り返り、この場面が好きだとの趣旨の発言をしている。

 私の好みだけでなく、若尾出演作品の中で、「青空娘」の人気は特に高い。内容的な評価という点でも、若尾のアイドルスター時代の作品では、「青空娘」と、川津義郎監督の「涙」(1956年、松竹大船)の2本が重要とされている。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toyokiyo73.blog.fc2.com/tb.php/612-7279d864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤安律

Author:佐藤安律
(さとう・やすのり)
ジャーナリスト。1965年生まれ。大阪市立大学法学部卒。産経新聞記者として20年7カ月勤務し、政治部、夕刊フジ、大阪経済部などに所属。政治部では、厚相時代の小泉純一郎元首相、元自民党幹事長の野中広務氏らを担当した。産経新聞の年間連載「こども大変時代」で、取材班としてファイザー医学記事賞優秀賞を受賞。2011年8月からフリーランス。大阪市在住。得意分野は政治全般、日本映画、医療問題。原稿の依頼などコンタクトはyasunori7373@yahoo.co.jp

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新トラックバック

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR