佐藤安律の「ニュースサイト1045」
元産経新聞記者で「炎のジャーナリスト」が、政治全般と映画(主に日本映画)を中心にマイオピニオンを発信します。あるべきブログの姿をめざして順次内容を刷新しています。2017年6月27日付で「佐藤安律の『映画と政治のブログ』」から名称を変更しました。
04 | 2018/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

「最高殊勲夫人」
 「青空娘」(1957年)の好評を受け、増村保造監督、白坂依志夫脚本のコンビが再び、源氏鶏太の原作を取り上げ、若尾文子主演で映画化した1959年の大映東京作品。当時のビジネスガールたちの社内結婚模様を絡めたにぎやかなラブコメディーで、増村初期作品の中でも人気の高い1本だ。大阪・九条のシネ・ヌーヴォで開催中の特集上映「溝口健二&増村保造映画祭 変貌する女たち」で鑑賞した。

 映画は、三原家の次男・二郎と野々宮家の次女・梨子の結婚披露宴から始まる。三原家は会社の創業家で、二郎は専務。平凡なサラリーマン家庭出身の梨子はその秘書だった。社長の座は三原家の長男・一郎(船越英二)が継いでおり、妻は野々宮家の長女・桃子(丹阿弥谷津子)である。桃子は元社長秘書。一郎は桃子に全く頭が上がらず、この桃子こそ、今や三原家で最大の影響力を持つ。

 三原家は3人兄弟、野々宮家は3人姉妹。焦点は三原家の三男・三郎(川口浩)と野々宮家の三女・杏子(若尾文子)の関係だ。三郎は独立心があり、兄の一郎が社長をしている会社ではなく、別の会社に勤めている。

 桃子は三原家での自分の圧倒的な影響力を揺るがないものとし、また会社の態勢を盤石にするためにも、妹の杏子と三郎を結婚させ、三郎を会社に呼び戻そうと策略を練る。杏子と三郎はお互いに何でも言い合う親しい仲だが、桃子の思い通りにはさせないとの意見で一致。結婚だけは絶対にしないことを誓い合った。

 杏子は家事手伝いをしていたが、社会人としての経験を積みたいと、2人の姉と同じコースを歩むことにし、三原家の会社の社長秘書になった。杏子は社内のエリート独身男性たちから人気を集め、相次いでプロポーズを受けた。さらに三郎と親しいテレビ局のプロデューサーまで名乗りを上げ、平静を装っていた三郎も気が気でなくなる。ある夜、三郎は向かい合ったバーのカウンター越しに、杏子に好きだと、ついに本心を打ち明けた。杏子も同じ気持ちであることを伝え、2人の結婚披露宴の場面でハッピーエンドとなる。

 会話のキャッチボール、台詞の一つひとつに笑えるところが多く、脇の登場人物のキャラクターも面白い。ハイセンスで快調なテンポのラブコメディーになっており、増村映画の中でも好きな作品だが、「青空娘」のような心に染み入る愛すべきものまでは感じられない。今回の鑑賞で4回目か5回目になるが、この作品に関してはもう十分堪能できたという感じがする。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toyokiyo73.blog.fc2.com/tb.php/616-f72934ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤安律

Author:佐藤安律
(さとう・やすのり)
ジャーナリスト。1965年生まれ。大阪市立大学法学部卒。産経新聞記者として20年7カ月勤務し、政治部、夕刊フジ、大阪経済部などに所属。政治部では、厚相時代の小泉純一郎元首相、元自民党幹事長の野中広務氏らを担当した。産経新聞の年間連載「こども大変時代」で、取材班としてファイザー医学記事賞優秀賞を受賞。2011年8月からフリーランス。大阪市在住。得意分野は政治全般、日本映画、医療問題。原稿の依頼などコンタクトはyasunori7373@yahoo.co.jp

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新トラックバック

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR