佐藤安律の「ニュースサイト1045」
元産経新聞記者で「炎のジャーナリスト」が、政治全般と映画(主に日本映画)を中心にマイオピニオンを発信します。あるべきブログの姿をめざして順次内容を刷新しています。2017年6月27日付で「佐藤安律の『映画と政治のブログ』」から名称を変更しました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

菅元首相が脱原発の新党構想 原点回帰で久々の話題提供
 民進党の菅直人元首相が久々に政局がらみの話題を提供している。18日付の自身のブログで、次期国政選挙での「原発ゼロ」を公約に掲げる政党の必要性を指摘し、日本版「緑の党」の結成に意欲を示したのだ。勢いづいた菅氏は19日付のブログでも、「脱原発を明確に掲げる政党の出現を期待している国民は多いはずだ」と続報を放っている。

 菅氏は「民進党が少なくとも『2030年までに原発ゼロを実現する』と明確に公約に掲げることがきるかどうかだ。それができないときは、5人以上の国会議員が参加する脱原発党=緑の党を全国規模で結成し、当選者を出せるようにすることだ」などと書き込んでいる。

 少し説明を加えておこう。民進党は「2030年代原発稼働ゼロ」という立場だが、蓮舫代表は今年2月、「30年ゼロ」と前倒しを表明した。ところが、民進党最大の支持団体・連合の反対であっさり断念。脱原発派の強い失望を招いたのだった。菅氏はここを突いており、「30年までに」とさらなる前倒しを提唱しているのだ。

 安倍内閣の支持率は加計学園問題などで政権への信頼が揺らいで急落し、自民党の支持率も落ちている。しかし、最大野党・民進党の支持率は低空飛行を続け、受け皿になる状況では全くない。その理由は前身の民主党政権の失敗の印象がまだまだ強烈なことが大きいわけだが、もうひとつは民進党が自民党との明確な対立軸を打ち出せないことにある。是非は別として、脱原発はその対立軸になりえるとの見方は少なくない。

 菅氏はこの2回の衆院選では、小選挙区の東京18区で、自民党候補に連敗し、いずれも比例東京ブロックで復活当選。次期衆院選も苦戦が予想され、新党構想は自らの生き残りをかけた側面もあるだろう。

 昨年の米大統領選の民主党予備選で、若者の支持を得て大善戦した年長のサンダース上院議員に元気をもらったという菅氏。もともと市民運動出身、衆院で初めて議席を獲得した時に所属していたのも社会民主連合というミニ政党だった。小さな組織でこそ生き生きとし、持ち前の論戦力で政権を攻撃するときに最大の強みを発揮するタイプだ。原点に戻ろうとするかのような行動はいい選択なのかもしれない。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toyokiyo73.blog.fc2.com/tb.php/650-5b293f1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤安律

Author:佐藤安律
(さとう・やすのり)
ジャーナリスト。1965年生まれ。大阪市立大学法学部卒。産経新聞記者として20年7カ月勤務し、政治部、夕刊フジ、大阪経済部などに所属。政治部では、厚相時代の小泉純一郎元首相、元自民党幹事長の野中広務氏らを担当した。産経新聞の年間連載「こども大変時代」で、取材班としてファイザー医学記事賞優秀賞を受賞。2011年8月からフリーランス。大阪市在住。得意分野は政治全般、日本映画、医療問題。原稿の依頼などコンタクトはyasunori7373@yahoo.co.jp

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新トラックバック

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR