佐藤安律の「ニュースサイト1045」
元産経新聞記者で「炎のジャーナリスト」が、政治全般と映画(主に日本映画)を中心にマイオピニオンを発信します。あるべきブログの姿をめざして順次内容を刷新しています。2017年6月27日付で「佐藤安律の『映画と政治のブログ』」から名称を変更しました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

株式市場は衆院解散・総選挙を好感 民共共闘は小沢一郎氏の調整に期待
 19日の東京株式市場は、安倍晋三首相が28日召集の臨時国会冒頭で衆院解散に踏み切り、10月10日公示ー22日投開票の日程で総選挙が行われるとの報道を好感し、日経平均株価の終値は前週末比389円88銭高の2万299円38銭となり、一気に年初来高値を更新した。上げ幅は5月8日の450円高以来の大きさ。

 安倍首相は2019年10月の消費税率10%への引き上げを予定通り実施し、増税分の使途を国の借金返済から子育て支援や教育関連施策に変更することなどを問うと、伝えられている。市場は、野党側が混乱していることなどから、与党勝利の可能性が高く、安倍首相の政権基盤が強化され、アベノミクスの加速を期待しているようだ。

 外国人投資家のアベノミクスへの評価は今でも高く、森友学園や加計学園問題での対応の拙さから安倍内閣の支持率が急落しているころ、「もし安倍首相が退陣するような事態になった場合、日経平均株価は数千円暴落するのではないか」と、指摘する市場関係者は少なくなかった。

 私は、アベノミクスや安倍政権が推進した安全保障法制の整備は基本的に支持する。だからといって、自民党と公明党との連立政権の枠組みがいつまでも続き、ますます強固になるのが日本の政治のあり方にとっていいことなのか、やはり政権与党のおごりをチェックする野党勢力が一定数あってこそ、緊張感が保たれるのではないかと考える。

 衆院選はたしかに政権選択の選挙だが、2009年と2012年の衆院選による政権交代は、いずれも時の与党に大逆風が吹いていた。今、安倍政権にかつての勢いは見られないが、そこまでの逆風ではなく、むしろ、野党側の混迷が目立つ。安倍首相が悲願の憲法改正の戦略を練り直してでも政権維持を優先し衆院解散を断行する。東京都議選で小池百合子知事側につき、自民党を惨敗させた公明党が、衆院選では従来通り全面的に自民党と協力する。

 政権与党側はなりふり構わないのに、民進党の前原誠司代表は「基本的な理念・政策が一致しないところと協力しても、勝った後に連立を組もうとはならない」と、ある意味で正論を吐き、一定の成果を上げてきた共産党との共闘に否定的だ。しかし、そんなことを言っている場合なのか。建前はともかく、今回は自民・公明両党から民進党に政権交代が起きるような状況ではない。前原氏は共産党との共闘見直しを掲げて民進党代表選に勝利しており、全国で共産党を含む野党統一候補を擁立するのは難しいだろうが、まずは強力な与党とある程度勝負できる態勢をつくらないことには話にならない。

 この野党共闘の態勢づくりには、前原氏とも共産党とも話ができる自由党の小沢一郎共同代表の調整手腕に期待したい。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toyokiyo73.blog.fc2.com/tb.php/667-bb7ee279
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤安律

Author:佐藤安律
(さとう・やすのり)
ジャーナリスト。1965年生まれ。大阪市立大学法学部卒。産経新聞記者として20年7カ月勤務し、政治部、夕刊フジ、大阪経済部などに所属。政治部では、厚相時代の小泉純一郎元首相、元自民党幹事長の野中広務氏らを担当した。産経新聞の年間連載「こども大変時代」で、取材班としてファイザー医学記事賞優秀賞を受賞。2011年8月からフリーランス。大阪市在住。得意分野は政治全般、日本映画、医療問題。原稿の依頼などコンタクトはyasunori7373@yahoo.co.jp

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新トラックバック

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR