佐藤安律の「ニュースサイト1045」
元産経新聞記者で「炎のジャーナリスト」が、政治全般と映画(主に日本映画)を中心にマイオピニオンを発信します。あるべきブログの姿をめざして順次内容を刷新しています。2017年6月27日付で「佐藤安律の『映画と政治のブログ』」から名称を変更しました。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

衆院きょう解散 「自民」対「希望」の歴史的な総選挙に 小池氏立候補の見方強まる
 衆院は28日召集の臨時国会冒頭で解散され、10月10日公示ー22日投開票の日程で総選挙が行われる。小池百合子東京都知事が新党「希望の党」を立ち上げ、民進党は1人も公認候補を立てず、希望者は「希望の党」から立候補させ、与党側と1対1の対決構図に持ち込む方向で調整が進む。安倍政権の続投、信任を問う選挙から一変、「自民対希望」を構図とした政権選択の歴史的な総選挙になりそうだ。

 幹事長人事につまずき、最悪のスタートを切った前原誠司代表率いる民進党。いいところなく、安倍晋三首相に解散のきっかけを与えたが、「やられっぱなしになってたまるか」と、前原氏が気概を見せていることは評価したい。ただ小池氏は民進党の丸ごとの受け入れは拒否している。これは当然だ。民進党内には前原氏の方針に反発も強く、まだ紆余曲折が予想される。前原氏自身はけじめとして無所属で立候補する意向だ。

 ここにきて、小池氏が来月5日の都議会定例会閉会後に、都知事を辞職し衆院選立候補を表明するのではないかとの見方が永田町では強まっている。比例東京ブロックか東京都内の小選挙区からの立候補になりそうだという。小池氏が都知事に就任したのは昨年8月で、「自分の野望のため、2020年の東京五輪・パラリンピックを控えた大事な時期に都政を投げ出すのはあまりに無責任だ」との批判が当然予想される。与党側が選挙戦でこの点を厳しく追及するのは確実だ。このため、小池氏は自分の後継となる知事候補を指名するのではないかともいわれている。

 日本中のメディア、政治ジャーナリストの誰もが予想しなかった急な展開。政治の世界は成り行きで、経験十分な専門家が取材に基づき、あれこれ頭でいろいろなケースを想定していても、一気にぐちゃぐちゃになり、びっくりする方向に流れていくものなのだ。短期決戦であり、小池新党に風は吹きそうだが、「選挙互助会の野合」のイメージが強いことも否定できず、メディアの世論調査の結果を見ていかないとわからない。自民党の底力を侮ってはならないことだけは確かだ。
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toyokiyo73.blog.fc2.com/tb.php/670-8615d525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤安律

Author:佐藤安律
(さとう・やすのり)
ジャーナリスト。1965年生まれ。大阪市立大学法学部卒。産経新聞記者として20年7カ月勤務し、政治部、夕刊フジ、大阪経済部などに所属。政治部では、厚相時代の小泉純一郎元首相、元自民党幹事長の野中広務氏らを担当した。産経新聞の年間連載「こども大変時代」で、取材班としてファイザー医学記事賞優秀賞を受賞。2011年8月からフリーランス。大阪市在住。得意分野は政治全般、日本映画、医療問題。原稿の依頼などコンタクトはyasunori7373@yahoo.co.jp

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新トラックバック

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR