佐藤安律の「ニュースサイト1045」
元産経新聞記者で「炎のジャーナリスト」が、政治全般と映画(主に日本映画)を中心にマイオピニオンを発信します。あるべきブログの姿をめざして順次内容を刷新しています。2017年6月27日付で「佐藤安律の『映画と政治のブログ』」から名称を変更しました。
04 | 2018/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

印象に残る国内外の5つの政治ドラマ
 好評を博す「マイベスト」シリーズ。今回は、初めて、国内外の現実の政治ドラマで私が強く印象に残っている上位5位までを紹介する。私が直接の取材あるいは報道を通じてリアルタイムで推移をウオッチできた政治ドラマを対象にした。私が政治に関心を持つようになったきっかけは、1982年11月の自民党総裁選であり、これ以降が対象ということになる。あくまで、私に強烈な印象を残した出来事であって、国内外の政治において重要な意味を持つこれ以上の超ド級の出来事は他にいくつもあることは承知しており、断っておきたい。
 
 【第1位=「加藤の乱」(2000年 日本)】
 かつて永田町で最も首相の座に近いとみられていた自民党の加藤紘一氏が、盟友の山崎拓氏と共に、当時の森喜朗政権打倒を目指し、野党提出の内閣不信任決議案に同調する構えをみせた一大政局である。私も永田町にいて、連日、緊張感に包まれた。私はこの政局が今でも強い印象を残すのは、単に、不利な状況下で自民党総裁選に挑戦するというようなものではなく、まさに政治生命を賭けた大一番だったからだと思っている。乱は失敗に終わったが、山崎派が最後まで結束して行動をとったことには感心した。

 【第2位=森喜朗政権における一連の騒動(2000年ー2001年 日本)】
 小渕恵三首相が現職のまま病に倒れ、緊急登板することになった森喜朗政権。森氏自身は、政府、自民党で数々の要職をこなした熟練の政治家で、首相を務めるには十分なキャリアを積んでいた。しかし、持ち前の旺盛なサービス精神がたたり、不用意な言動が相次いだ。メディアに必要以上に揚げ足を取られた面も確かにあった。内閣支持率は超低空飛行を続けた。政権存続期間は1年だったが、常時、政局のような状態で、上記の「加藤の乱」もこの中で起きた。

 【第3位=米大統領選でトランプ氏衝撃の勝利(2016年 米)】
 米大統領選の共和党候補者指名争いに名乗りをあげた当初は、泡沫候補扱いだったドナルド・トランプ氏。共和党予備選・党員集会でトランプ氏の快進撃が始まっても、夏の共和党大会では、指導部が異端で過激なトランプ氏を指名しないためのウルトラCを使うとの報道が目立った。正式な共和党候補になってからも、民主党候補のヒラリー・クリントン氏には勝てないとの見方が支配的で、私もずっとそう思っていた。大統領選本選当日の日本時間昨年11月9日午後、慎重なNHKテレビが「トランプ氏優勢」とのテロップを流した時は、最高に興奮した。

 【第4位=歴史的な大接戦となったブッシュ対ゴアの米大統領選(2000年 米)】
 民主党のビル・クリントン政権が2期続いた後を決める米大統領選は、クリントン政権で副大統領を務めた民主党のアル・ゴア氏と、共和党のジョージ・ブッシュ氏(子)の対決となり、空前の大接戦にもつれ込んだ。全米の開票が始まっても、ブッシュ、ゴア両氏の優勢がその都度入れ替わるような展開となった。決着は南部の大票田・フロリダ州の票の行方に委ねられた。ここが稀に見る僅差の勝負となり、開票日に決着がつかず、両陣営の争いは法廷の場に舞台を移す。米大統領選でこんなことが起こり得るのかと、本当に驚いた。結局、共和党のブッシュ氏が勝利したが、民主党でも共和党でも3期続けて政権を取るのは難しいことがわかる。民主党のオバマ政権2期の後、共和党のトランプ政権となったことをみてもそういえるだろう。

 【第5位=胡耀邦総書記失脚 すさまじい水面下の権力闘争(1987年 中国)】
 当時の中国の最高実力者は、文句なしに鄧小平・中国共産党中央軍事委員会主席だった。党の組織上のトップは胡耀邦総書記。胡総書記は鄧氏の全幅の信頼を得ているとみられていたし、そうでなければ力は持ちえなかった。鄧氏の強力なリーダーシップにより、中国は経済の改革・開放路線を推進する。ただ、政治の民主化は進まなかった。胡総書記の動静に何らかの異変が起きている可能性を指摘する報道は直前にあったかもしれないが、総書記解任は寝耳に水で、世界中に激震が走った。日本の自民党の派閥全盛時代、密室政治はよく批判されだが、中国の密室政治の激烈さ、スケールはその比でない。メディアが、現在進行形で中国共産党指導部の水面下の権力闘争の核心に迫ることはまず無理だ。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toyokiyo73.blog.fc2.com/tb.php/682-231cd153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤安律

Author:佐藤安律
(さとう・やすのり)
ジャーナリスト。1965年生まれ。大阪市立大学法学部卒。産経新聞記者として20年7カ月勤務し、政治部、夕刊フジ、大阪経済部などに所属。政治部では、厚相時代の小泉純一郎元首相、元自民党幹事長の野中広務氏らを担当した。産経新聞の年間連載「こども大変時代」で、取材班としてファイザー医学記事賞優秀賞を受賞。2011年8月からフリーランス。大阪市在住。得意分野は政治全般、日本映画、医療問題。原稿の依頼などコンタクトはyasunori7373@yahoo.co.jp

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新トラックバック

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR