佐藤安律の「ニュースサイト1045」
元産経新聞記者で「炎のジャーナリスト」が、政治全般と映画(主に日本映画)を中心にマイオピニオンを発信します。あるべきブログの姿をめざして順次内容を刷新しています。2017年6月27日付で「佐藤安律の『映画と政治のブログ』」から名称を変更しました。
04 | 2018/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

「HOUSE/ハウス」
 個人映画作家のリーダー、テレビコマーシャルの名手として活動してきた大林宣彦が東宝に迎えられて初めてつくった劇場用公開映画である。1977年の東宝映像作品。実験的で斬新な撮影を駆使したホラーコミック映画で、日本の映画界に衝撃を与えた。以後、大林は大手の映画会社とも組み、日本映画史に残るいくつもの傑作、名作をつくっていく。大阪・九条のシネ・ヌーヴォで開催中の特集上映「大林宣彦映画祭」で鑑賞した。

 女子高生のオシャレ(池上季実子)は幼いころに母を亡くし、映画音楽の作曲家である父(笹沢左保)が大好きだった。仕事でイタリアに行っていた父が帰国するため、夏休みは軽井沢の別荘で父と過ごすことを楽しみにしていた。ところが、帰国した父から、再婚相手の女性(鰐淵晴子)を突然紹介され、この女性も別荘に連れて行くと知らされる。

 オシャレは強く反発し、軽井沢の別荘に行くことを拒否。高校の仲間の女子6人と、母方のおばが長年1人で住むある田舎の山上の屋敷で過ごすことになる。仲間の女子生徒を演じるのはファンタ役の大場久美子、クンフー役の神保美喜らで、おば役は南田洋子。車椅子で出てきたおばは姪のオシャレら7人の少女たちを歓迎し、少女たちも都会では味わえない田舎の生活を満喫しようと期待に胸をふくらませる。しかし、直後から、屋敷では奇怪な出来事が連続的に発生し、少女たちは次々と犠牲になっていく。実はこのおばも何年も前に亡くなっていた。それ以降、結婚前の若い娘たちが訪れると、屋敷に食べられてしまう形で凄惨に死んでいくのだった。
 
 父の再婚相手の女性はオシャレと2人だけで話し合いたいと、屋敷を訪ねるが、そこでオシャレが出迎え、女性は女子高生たちと同様の運命に見舞われることになる。ここで映画は終わる。

 この映画は1977年の公開時に、映画館で鑑賞した。当時の私は中学1年生。併映作品は山口百恵と三浦友和が主演の「泥だらけの純情」である。「泥だらけの純情」は何の印象も残っておらず、鑑賞時に感動した記憶も全くないが、「HOUSE/ハウス」は鑑賞直後から忘れられない映画となった。

 決して好きなわけでなく、とにかく気味が悪い映画で、ちょっとやりすぎではないのかと思える強烈な違和感を覚える内容だったのだ。以後、ビデオやDVDでも鑑賞したことがなく、敬遠していたといった方がいいかもしれない。ところが、今回、約40年ぶりに鑑賞して、評価は一変する。

 トリッキーな撮影、色彩の使い方の面白さ、テンポの良さ、国内外の名作映画へのオマージュを随所に入れるセンス、しゃれた音楽など、最初から最後まで画面全体に目が釘付けになる。女子高生たちを引率するはずだった間の抜けた教師役の尾崎紀世彦、屋敷の近くでスイカを売り、屋敷の実態を知っている農夫役の小林亜星と、ユーモアセンスも抜群だ。ファンタスチックな内容の中にも、大林が後の作品で一貫して追求していくことになる死者と生者の絆や対話、二度と戻ってこない時代への追憶といったテーマがしっかりと盛り込まれている。 「映像の魔術師」といわれる大林の第1回劇場用公開作品にふさわしいハイレベルの稀に見る傑作だと、感嘆の声を上げずにはいられなかった。この作品こそ、映画館の大スクリーンで絶対に観たい。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toyokiyo73.blog.fc2.com/tb.php/695-ce1d9ba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤安律

Author:佐藤安律
(さとう・やすのり)
ジャーナリスト。1965年生まれ。大阪市立大学法学部卒。産経新聞記者として20年7カ月勤務し、政治部、夕刊フジ、大阪経済部などに所属。政治部では、厚相時代の小泉純一郎元首相、元自民党幹事長の野中広務氏らを担当した。産経新聞の年間連載「こども大変時代」で、取材班としてファイザー医学記事賞優秀賞を受賞。2011年8月からフリーランス。大阪市在住。得意分野は政治全般、日本映画、医療問題。原稿の依頼などコンタクトはyasunori7373@yahoo.co.jp

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新トラックバック

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR