佐藤安律の「ニュースサイト1045」
元産経新聞記者で「炎のジャーナリスト」が、政治全般と映画(主に日本映画)を中心にマイオピニオンを発信します。あるべきブログの姿をめざして順次内容を刷新しています。2017年6月27日付で「佐藤安律の『映画と政治のブログ』」から名称を変更しました。
09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

「娘であること誇りに思う」と長女・多恵子さん 故野中広務元官房長官のお別れの会に3000人 京都
 官房長官や自民党幹事長などを歴任し、今年1月に92歳で亡くなった野中広務氏のお別れの会が14日、京都市下京区のホテルグランヴィア京都で営まれ、各界から約3000人が出席しました。自民党と野中家などの主催。実行委員長は二階俊博・自民党幹事長。出席した安倍晋三首相(自民党総裁)は「平和の番人たる先生の発する言葉のひとつひとつが、心の奥にまで響くすごみがありました」と追悼の辞を述べました。

 古賀誠元自民党幹事長、亀井静香元金融担当相、鈴木宗男・新党大地代表ら、野中氏と特に親しかった政治家はもちろん、野中幹事長の時の首相だった森喜朗氏、同じ自民党竹下派出身ながら政敵の関係にあることも多かった小沢一郎・自由党代表、野中氏が官房長官として仕えた故小渕恵三元首相の夫人・千鶴子さん、野中氏とテレビ番組で対談するなど親交があった作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんらも出席されていました。

 私も出席し、祭壇中央の野中氏がお元気だったころの遺影に向かって、心からの敬意と謝意を伝え、献花させていただきました。

 遺族を代表して、野中氏の長女である河合多恵子さんがあいさつをされました。私がお別れの会に出席したのは、取材とは一切関係なく、メモを取らなかったので、以下、紹介するあいさつは、つながりや言葉づかいは正確性に欠けますが、心に響くものがありました。

 多恵子さんは、野中氏死去を知った全国の人たちから心温まる弔意が寄せられ、また死去に伴うメディアの野中氏の評伝を読み、「娘であること、家族であることを誇りに思いました」「大きな喪失感を埋めることできました」との趣旨を述べられました。

 野中氏は京都の地方政界で名を馳せ、国政へは57歳で転身と遅咲きでした。そこから、卓越した情報収集力と言論を武器に、政界の出世階段を異例のスピードで駆け上がりました。政敵には極めて恐れられる一方、情が深く、弱者に寄り添う政治姿勢を貫きました。この点は、野中氏を語るとき、誰もが指摘することです。多恵子さんは野中氏の政治生活について、「長く孤独な戦いでした」とおっしゃられましたが、わかる気がします。多恵子さんが野中氏のことを「お父さん」と呼ぶところは、グッとくるものがありました。

 お別れの会では、野中氏の在りし日の姿をしのぶビデオが上映されました。野中氏の政治生活50周年を記念し、担当記者たちが2002年10月に催したパーティーで上映されたものです。パーティーには私も出席しました。歴代の野中氏の担当記者たちが集まり、新聞社、通信社、テレビ局と、会社ごとに野中氏と記念写真を撮りました。とても懐かしく思います。このように、野中氏は記者たちからも人気がありました。

 政治記者をやっていて、担当した政治家が好きになれないことはいくらでもあります。親しくしていても、担当を離れ、ましてや政治部を離れると、徐々に疎遠になり、それっきりになってしまうことがほとんどです。私が野中氏の番記者をしたのは結果的に政治部での最後の仕事となり、短い期間だったのですが、政治部を離れた後も、時々、携帯電話に連絡をいただき、何度かお会いする機会がありました。野中氏と出会えたことは私の新聞記者時代の最大の財産の1つであり、気にかけていただいたことを光栄に思います。

 野中先生、さようなら。お別れですが、先生のことは、これからもいろいろな場面で、しょっちゅう思い出すでしょう。私だけでなく、関係した多くの人たちの心の中で、野中先生は生き続けるはずです。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://toyokiyo73.blog.fc2.com/tb.php/716-77dbbbeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

佐藤安律

Author:佐藤安律
(さとう・やすのり)
ジャーナリスト。1965年生まれ。大阪市立大学法学部卒。産経新聞記者として20年7カ月勤務し、政治部、夕刊フジ、大阪経済部などに所属。政治部では、厚相時代の小泉純一郎元首相、元自民党幹事長の野中広務氏らを担当した。産経新聞の年間連載「こども大変時代」で、取材班としてファイザー医学記事賞優秀賞を受賞。2011年8月からフリーランス。大阪市在住。得意分野は政治全般、日本映画、医療問題。原稿の依頼などコンタクトはyasunori7373@yahoo.co.jp

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

最新トラックバック

フリーエリア

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR